大阪で酒類販売申請のことならお任せください!

072-814-9920

人的要件とは

人的要件とは

申請者が酒類の製造免許若しくは販売業免許又はアルコール事業法の規定により許可を取り消されたことがない。
申請者が酒類免許又はアルコール事業法の許可を取り消された日から3年を経過していること。
申請者が未成年者又は成年被後見人、被保佐人若しくは被補助人のときに、その法定代理人が要件を満たすこと。
申請者が免許の申請前2年内において国税又は地方税の滞納処分を受けていないこと。
申請者が国税等に関する法律の規定により罰金の刑に処せられ又は通告処分を受けたことがないこと。
申請者が未成年者飲酒禁止法若しくは暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律等の規定により、又は刑法等に定める一定の罪を犯したことにより、罰金の刑に処せられたことがないこと。
申請者が申請(申出・申告)時において、その執行を終わった日又は執行を受けることがなくなった日から3年を経過していること。

初回相談無料

メールフォームは24時間対応!まずは無料相談をご利用ください

072-814-9920

TOP